【注意】ニュースキンのライフパックナノがアメリカ製と成分が違う理由

【注意】ニュースキンのライフパックナノがアメリカ製と成分が違う理由

口コミ勧誘する友達がいない、声のかけ方がわからないとお困りのあなたへ!

ネットワークビジネスの会社の商材の9割がサプリメントと言われています。アムウェイのニュートリライト、ライフプラスのデイリーバイオベーシックス、モリンダのノニジュース、フォーデイズでいえば、核酸ドリンク・・・ニュースキンでは、ライフパックが代名詞と言えます。そのライフパックナノの成分がアメリカと違うというので、調査しました。

ニュースキンのライフパックナノの気になる成分

ニュースキンのディストリビューターなら、必ずといって良いほど愛用しているのがライフパック。

ニュースキンのディストリビューターからライフパックという声を聞かないことはありません。

ニュースキンでは、ビジネスをスタートさせる時、まず試してみるサプリメントとして、ライフパックを推奨しています。

ライフパックの成分を見ていきましょう。

ライフパック ナノ EX毎日必要なビタミンやミネラル、植物性栄養成分に加え、EPAやDHAなどのオメガ3系(n-3系)脂肪酸をバランスよく配合。また、α-リポ酸など、いきいきした日常を目指す方に必要な栄養成分も強化。さらに、吸収されにくい脂溶性栄養成分(8種類)については、独自の製法(米国で特許取得および出願中)により超微粒子化した「ナノカプセル」を採用。これにより、多種の栄養成分を、ムリなくムダなく摂取することが可能です。毎日の健康維持に、また、食事が不規則な方、ダイエットなど食事制限されている方にお勧めします。

このようにニュースキンのライフパック、ライフパックナノには、現代人が健康にとってなくてはならないマルチビタミンが入っています。

人間の老化現象や、生活習慣病やガンなどの、原因の一つと言われている活性酸素ですが、毎日、大量のビタミン、ミネラルを摂取することで除去することが可能です。

しかし現実的には、なかなか食物だけでは、摂取できませんが、ニュースキンのライフパックを飲むことにより、毎日、大量のビタミン、ミネラルをとることができ、活性酸素除去に効果的だといえます。

ニュースキンのライフパックナノ、アメリカの成分との違い

アメリカでは、ニュースキンライフパックは、AOC(米国オリンピック協会)認定であったり、サプリメントランキングで14位と、とても高い評価を得ています。

しかしこのアメリカ製のニュースキンライフパックナノの成分や、種類が、日本のニュースキンのライフパック、ライフパックのそれとは、完全には一致していません。

それは、国の基準値によるもので、アメリカ製のニュースキンのライフパックには含まれている抗酸化作用になる成分が、日本のライフパックには含まれていなかったりと、アメリカ製のニュースキンライフパックのものとは、成分に違いがあります。

それは、日本では薬機法という法律で、「薬品」として認可が必要な定義をしていても、アメリカでは、日本では薬に当たるものが、食品レベルでおさまる場合があるようです。

まとめ

ニュースキンの代名詞とも言える、ライフパックナノの成分が、アメリカとライフパックナノの成分との違いは、それぞれの国の基準値の違いによるもので、ニュースキンは日本の法律に触れるものは、製造の段階で抜き取っているので、アメリカ製と成分の違いがあるということのようです。

ライフパックナノがアメリカ製と成分に違いがあっても、決して悪いものではなくて、むしろ日本に合わせて製造されたものであると捉えれば、納得がいくかもしれません。

 

 

もう誰も勧誘する必要はありません。自動でダウンを引き寄せる方法とは!