リゾネットに行政処分!やっぱり勧誘に無理があった!?

【無料】インターネットで寝ている間に集客するノウハウ公開!

旅行など会員権のネットワークビジネスの会社である、

リゾネットに、

1月17日に、特定商取引法に基づいて、

3か月の一部業務停止命令!

行政処分となりました。

 

ネットワークビジネス業界で、リゾネットの行政処分は

新年早々に話題になりました。

 

どうしてリゾネットが行政処分になったのでしょう?

リゾネットが行政処分になった経緯を調べました。

 

リゾネットに限らず、ネットワークビジネスの会社が業務停止命令を出されるのは、

そうは珍しくはないですよね。

記憶に新しい会社も結構あります。

 

だいたい勧誘が問題になるんですね。

 

ではリゾネットはどのような勧誘手法をとっていたのでしょうか。

 

まずリゾネットの勧誘者は、知人を

「お茶しませんか?」などといって呼び出して、

旅行を楽しみながら、収入も得られる!

などと書かれている書面、セールスレターを読ませて、

説明会に誘い出し、消費者が断っても、

リゾネットの複数の会員が勧誘を繰り返し、

 

特定商取引法で、規定されている連鎖販売取引において、

不適切取引行為があったようですね。

 

結局は、「今度よかったらお茶しませんか?」

「会って話をしませんか?」

 

というような告げ方をして、勧誘をしていたとか。

 

 

結局は問題になるのは、勧誘の仕方なんですね。

でもネットワークビジネスでは、

勧誘しないわけにはいかないでしょ!

 

【警告】あなたのやりは間違っています!!