ドテラで勧誘した後、友達との関係はどうなる?!

NO IMAGE

ドテラなどのネットワークビジネスで成功するためには、勧誘は不可欠ですが、やみくもに勧誘するだけではうまくいきません。ネットワークビジネスの勧誘で考えなくてはならないのが、誰を勧誘するかという点です。もっとも声をかけやすいのは友達ですが、このような勧誘の仕方で友達を勧誘した場合に友達との関係はどうなるのか?

友達を勧誘した場合に怖いのが、断られた後の関係性です。ドテラなどのネットワークビジネスではよく友達をなくす、という声をよく聞きます。

結論から言えば、ネットワークビジネスでは友達を勧誘すべきではありません。ビジネスである以上、お金が絡む話となるので、必然的にトラブルも生じやすくなるからです。

また、友達がネットワークビジネスに興味がないのに、しつこい勧誘は、友達関係にひびがはいるのは言うまでもありません。

なかにはネットワークビジネスと聞くだけで、「ネズミ講なんてやっているの?」などと言われたり、拒否反応を示す人がいるのも認めざるを得ません。

友達をドテラなどのネットワークビジネスの勧誘対象としないほうが無難でしょう。

またドテラで自分のダウン組織は拡大させるだけでなく、活性化させて成果を高めていかなければドテラで報酬を得ることはできません。報酬を得るためには、自分のダウンに積極的に活動するよう声をかけなければなりません。これを友達に行おうとすればいろいろと難しい点もありますよね。そういった点でもダウンには友達が参加していないほうがいいですね。

声かける人がいなくなって、困っていませんか!?

ネットワークビジネスで一番の恐怖は、「声をかける人がいなくなる」ということです。

声かける友達や知人が尽きてしまったら、あなたのビジネスはおしまいです。

でももし、その人脈が尽きるどころか無限に増えて行き、

しかも相手の方から「その話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、

あなたは、興味ありますか?