失業者におすすめの権利収入を得るための副業とは?

NO IMAGE

【朗報】年金にプラスして不労所得を得る方法!

権利収入を得るためのお勧めの副業は?

権利収入とは何?

権利収入とは労働に対して一時的に支払われるお金でなくて、継続的に生まれる収入源であり、家賃収入や実業家、印税持ち、株主など、いわゆる、遊んでいても寝ていても、何をしている時にでも、定期的に収入が入ってくる。

病気やケガで働けなくなっても、心配する必要がありません。

サラリーマンなど多くの社会人は生活リズムを仕事に合わせ、

翌日の仕事に合わせて、「起きる時間」「寝る時間」を決めて生活しますが、

権利収入が得られれば、好きな事を好きな時にできる、全て自分の思う通りに生活ができて心にもゆとりがうまれます。

資産家でなく、家賃収入も印税もなくごく普通の一般の方が、

権利収入を得られることで注目されるのが、

ネットワークビジネスです。

 

ネットワークビジネスで失業者が稼げるのか?

 

それは失業者に限った話ではないと思いますが、

稼げるというのも、人それぞれ目指す金額は異なると思いますが、

月に5万から10万、もしくは数百万稼ぐ程度が普通ではないでしょうか。

 

もちろんネットワーカーの中にはそれ以上、1000万単位で稼いでいる人もいると思いますが、実際にどれだけの人が稼いでいるかといえば、明確ではないでしょう。

 

でも月に5万でも10万でも着実にネットワークビジネスで稼げたら、

失業者にとっては嬉しいですよね。

失業者ということは現在収入が入ってこない、

失業保険をもらっいるわけですから、

お小遣い程度の稼ぎでも、生活には助かりますよね。

 

失業者が本業を探しながらでも、月に10万、20万稼ぐ副業としては

ネットワークビジネスは適していると思います。

 

失業者に向いているネットワークビジネスとは?

失業者にとっての利点は時間があることです。

収入はないわけですが、仕事がないわけですから、少なくとも時間はあります。

もちろん今後の本業、自分のやりたい仕事に就くために、ハローワークへ行ったり、

その他にもインターネットで仕事を探したら、また自分のスキルを磨くために、資格を取るための勉強をする人なかにはいるかもしれません。

しかし、朝から晩まで規制されて働くわけではなく、自分の好きなように時間が作れます。

そこで自分にふさわしい健全なネットワークビジネスを見つけて、ネットワークビジネスを始めることが重要です。

ネットワークビジネスではまずは製品力が第一です。

毎月自分が愛用できる製品を持つネットワークビジネスを選びましょう。

 

もちろんそのネットワークビジネスの報酬プランや、どうのようにして集客するのか、

例えば日本におけるネットワークビジネスの会社のほとんどが、

インターネットによる集客が認められていません。

口コミによる集客方法です。

 

あなたが口下手で、人を勧誘し、商品の説明をすることが苦手なら、

そもそもそのネットワークビジネスでの成功は難しいでしょう。

 

今で口コミの他にインターネットで集客する、ノウハウのあるビジネスを選ぶことがお勧めです。

 

ネットワークビジネスのメリットは何?

ネットワークビジネスとは製品を愛用し、その製品の流通をはかるビジネスです。

自分の好きなものを使ってビジネスが出来る、収入が得られるということです。

ですから、稼ぐことが目的ではなくて、あくまでも製品を使う、

製品第一のビジネスです。

失業者が、毎月製品を購入できるのか?

 

確かに今失業者にとっては、毎月のリピート代は、負担と感じる方もいるかもしれませんが、

リピート代金にもよりますし、その製品が自分にとって必要な製品であったら、

普通に買いますよね。

そして、そのうち権利収入として製品代が得られるようになり、

いずれは不労所得になるわけですから。

 

愛用者から生まれる権利収入は、

間違いなく不労所得であり、今失業者であるあなたの将来には

 

必ず必要な収入になることでしょう。

 

副業としてのネットワークビジネスそのデメリットは?

失業者が副業として権利収入を得るためにネットワークビジネスが最適で、誰でも始められるとして人気があるわけですが、

利点だけではありません。

権利収入を得るためには、仕組みを作る必要があり、時間がかかるデメリットもあります。

労働収入のように、働きしたその日から収入が得られるわけではありませ。

権利収入を得るためにハードルの低いネットワークビジネスをあなたが始めたとしたら、そのネットワークビジネスで成功するとまず自分で決めることが一番重要です。

それさえ決めればあとは成功するまで辞めない。

権利収入を得るための仕組みを作るのに時間がかかっても、

一度仕組みさえ作れば、一生権利収入を得ることが出来ます。

 

まとめ

失業者が権利収入を得るための副業として最適なのは、最もハードルの低いネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスは稼ぐためのものではなく、製品を愛用するビジネス、製品ありきのビジネス。

そして製品愛用者からの収入、権利収入を得られる仕組みを作るのに多少時間はかかるが、失業者にとって将来の権利収入はこころのゆとり安泰な生活のためには必要不可欠と言えるでしょう。

55歳のサラリーマン、もう遅い!