ネットワークビジネスで、まさかのコンプライアンス違反!?

NO IMAGE

パソコン苦手な専業主婦が、すごいビジネスにどはまり!

コンプライアンスって、ご存知ですか?

 

 

コンプライアンスとは、法律や倫理などの要求に従うことで、

普段の私たちの生活で使われることは、

主にビジネスや経営の分野であり、

どのようなビジネスにおいてもキチンとしたルールを守る必要があり

通常のビジネスなら事業主が自分の行う事業に関する法律を把握して

法令遵守するのは当然のことです。

 

しかしネットワークビジネスをやっている

いわゆるディストリビューターたちの中には、

法令違反であることは知りながらも

守らない人や、法令そのもの自体を知らない人も多いみたいです。

 

ネットワークビジネスに関する規制には、

特定商行為法、またネットワークビジネスで扱う商品によっては、

薬事法も関係があります。

 

特定商行為法で、特に気を付けたいのは、次の3つ

1.「不実の告知

・このビジネス簡単に儲かるよ

・絶対儲かる

・誰でも儲かる

・1ヶ月で30万儲かる

 

などといった事実ではないことを相手に告げて、

勧誘する。

2.重要事実の不告知

ネットワークビジネスへ入会する際に

商品の購入が必要だったりという事実を伝えずに勧誘する。

 

3.迷惑な勧誘

嫌がっている人をむりやり契約させるなど、

 

 

つまりネットワークビジネスの勧誘時に、

コンプライアンスは絶対に必要です。

 

ネットワークビジネスが一般的に悪いイメージを持たれているのは、

過去のネットワーカーによるコンプライアンス違反が

原因だと思います。

 

コンプライアンスをしっかりと認識し、

自分がネットワークビジネスにおける誇りと責任をもって

ビジネスに取り組めば、コンプライアンスに違反するようなことは

ないでしょう。

インターネットでダウンが出来なければおすすめできません!