【副業解禁】ジージャ・ジャパンビジネスの副業がおすすな理由とは?

NO IMAGE

政府は、「働き方改革」の一環として、副業・兼業を推進しています。

今後、政府の「働き方改革」によって、副業が当たり前の時代になってきます。

言うまでもなく会社員のお給料は右肩上がりでなくなり、今後はさらに増税と年金の削減がますます負担になってきます。

その負担が、所得以上に早いベースで進んでいくために実質所得がすでに減少に転じています。

さらに40代の子育て世帯や50代になると子供の大学費用などもかかってくる上に親の介護なども重なってきます。

そして、AI(人口知能)の浸透により、10年後には702業種が消えると言われています。

メガバンクをはじめ、古い産業の大企業でも数千人のリストラ発表がありました。

自分が働く40年間よりも企業の寿命の方が短くなってしまっているので、今後は生涯に複数の仕事を持つことが普通になると言われています。

複数の仕事を持つメリットは、「本業をいかに効率的に終わらせて時間を作るか」という視点を持つことができることです。

【副業のチャンス】ネットワークビジネスで働き方改革!

ジージャ・ジャパンビジネスが副業におすすめの理由!

政府が、「働き方改革」の一環として、副業・兼業を推進していることを受けて、最近は多くの企業が就業規則を改定しています。

最近は、本業を続けながら、ジージャ・ジャパンビジネスを副業として始める方が増えてきました。

ジージャ・ジャパンビジネスが副業に最適な理由は、ネットワークビジネスには以下の条件が揃っているからです。

  • 初期投資が不要
  • 在宅でもできる
  • スキマ時間でできる
  • 土日の活動だけでもok
  • 自分のペースで、自分が求める収入をめざすことができる

フリーランスの美容師として働く柳沢広和さんは、美容師の仕事とジージャ・ジャパンの副業を両立しています。

美容師の柳沢さんは、元々、自分のことを人に伝えるのが苦手で、話すことも得意では

ありませんでした。

ジージャ・ジャパンの副業を取り組み始めてから、多くの人とコミュニケーションを

とるようになり、「一歩踏み込む勇気」を持てるようになったそうです。

副業をしていなかったら、出会えなかったような人たちと交流をするようになって

コミュニケーションスキルだけでなく、人間力もアップしたと雑誌のインタビューで語っています。

ジージャ・ジャパンの副業が、柳沢さんの本業にも好影響を与えています。

ジージャ・ジャパンビジネスの副業は在宅でもできる!

ジージャ・ジャパンの副業は、自分の本業に合わせて自由にスケジュール組めるので、どんな人でも副業として取り組みやすい仕事です。

平日は会社員として働き、副業としてジージャ・ジャパンビジネスに取り組んでいる方はたくさんいて、忙しいながらもたくさんのメリットを感じている人が多いようです。

副業としてジージャ・ジャパンビジネスに取り組み、忙しい本業の合間を縫って人と会うためには、自分を管理するスキルが求められます。

副業の時間を確保するために、時間を効率的に使うことを心がけていると、ジージャ・ジャパンの柳沢さんのように、時間管理能力も磨かれていきます。

副業のジージャ・ジャパンビジネスで、人に伝える能力を磨くと、本業の接客などにも役立ちますね。

自分の伝えた言葉で相手が変わる経験をすれば、自信と責任感が身につきます。

副業としてジージャ・ジャパンビジネスを行うことの一番のメリットは、「ビジネス活動での人とのつながりの中で自己成長できること」にあると思います。

まとめ

ジージャ・ジャパンビジネスは、本業を辞めずに、副業として収入を得たい方には最適な仕事です。

ジージャ・ジャパンビジネスを取り組むことによって、新しい価値観、新し自分に出会えるチャンスがあります。

自分を成長させながら、副収入を得られるジージャ・ジャパンビジネスは副業におすすめです。

ジージャ・ジャパンの柳沢さんは、美容師の経験を活かしたセミナーを実施したいとの夢があるそうです。

副業と本業の相乗効果が生まれれば、ビジネスの可能性が広がりますね。

副業としてコツコツ続け、組織を作り、安定した収入を得られるようになれば、定年後にジージャ・ジャパンビジネスを本業とすることもできます。

何が起こるかわからない時代には、ジージャ・ジャパンビジネスの副業に人生をかけてみる価値がありますね。


【副業に最適】スキマ時間で成功できる時短ネットワークビジネスとは?

Source: 55歳からの副業のススメ!在宅ネットワークビジネスという選択!

声かける人がいなくて困っていませんか?

ネットワークビジネスで、声かける友達がいない、声の掛け方がわからないとお悩みの方が多いです。 ネットワークビジネスで、もう声を掛ける必要がなくなりました。 ダウンを引き寄せる方法があったら、ご興味ありますか?