【働き方改革】ユニシティの副業で新しい自分を作る!

NO IMAGE

政府は、「働き方改革」の一環として、副業・兼業を推進しています。

今後、政府の「働き方改革」によって、副業が当たり前の時代になってきます。

言うまでもなく会社員のお給料は右肩上がりでなくなり、今後はさらに増税と年金の削減がますます負担になってきます。

その負担が、所得以上に早いベースで進んでいくために実質所得がすでに減少に転じています。

さらに40代の子育て世帯や50代になると子供の大学費用などもかかってくる上に親の介護なども重なってきます。

そして、AI(人口知能)の浸透により、10年後には702業種が消えると言われています。

メガバンクをはじめ、古い産業の大企業でも数千人のリストラ発表がありました。

自分が働く40年間よりも企業の寿命の方が短くなってしまっているので、今後は生涯に複数の仕事を持つことが普通になると言われています。

複数の仕事を持つメリットは、「本業をいかに効率的に終わらせて時間を作るか」という視点を持つことができることです。

【副業のチャンス】ネットワークビジネスで働き方改革!

ユニシティビジネスは副業に最適!

政府が、「働き方改革」の一環として、副業・兼業を推進していることを受けて、最近は多くの企業が就業規則を改定しています。

最近は、本業を続けながら、ユニシティビジネスを副業として始める方が増えてきました。

ユニシティビジネスが副業に最適な理由は、ネットワークビジネスには以下の条件が揃っているからです。

  • 初期投資が不要
  • 自宅でもできる
  • スキマ時間でできる
  • 土日の活動だけでもok
  • 自分のペースで、自分が求める収入をめざすことができる

看護師として働いている伊藤さんとう方は、本業とユニシティの副業を両立しています。

本業と副業との両立のカギは、やはり「時間管理」。

副業する場合、毎日の時間をどうやりくりするのかを考える必要があります。

ユニシティの伊藤さんは、副業の時間を生み出すために、24時間をグラフ化したそうです。

睡眠時間・勤務時間・炊事・洗濯・掃除・余暇時間をグラフ化することによって

思いもよらないスキマ時間を見つけることが出来たそうです。

そして、ユニシティの伊藤さんは、限られた時間の中で目標を達成するにはどうしたら良いかを考え目標と期限を明確化していきました。

「いつまでいくらの収入が欲しい」と決め、具体的な期限を決め、その目標から逆算して今日やるべきことを考える習慣をつけたそうです。

ユニシティビジネスで副業するメリットとは?

ユニシティビジネスは、自分の本業に合わせて自由にスケジュール組めるので、どんな人でも副業として取り組みやすい仕事です。

平日は会社員として働き、副業としてユニシティビジネスに取り組んでいる方はたくさんいて、忙しいながらもたくさんのメリットを感じている人が多いようです。

副業としてユニシティビジネスに取り組み、忙しい本業の合間を縫って人と会うためには、自分を管理するスキルが求められます。

副業の時間を確保するために、時間を効率的に使うことを心がけていたら、本業のスキルも上がっていったユニシティの伊藤さんのように、時間管理能力も磨かれていきます。

ユニシティの伊藤さんは、「自分に自信がない人や生活にマンネリを感じている人にこそユニシティビジネスはおススメと語っています。

ユニシティビジネスで自分のグループができてくると、人に頼られるようになります。

自分の伝えた言葉で相手が変わる経験をすれば、自信と責任感が身につきます。

副業としてユニシティビジネスを行うことの一番のメリットは、「ビジネス活動での人とのつながりの中で自己成長できること」にあると思います。

まとめ

ユニシティビジネスは、本業を辞めずに、副業として収入を得たい方には最適な仕事です。

ユニシティの副収入があることによって、伊藤さんは、自分が本当に面白いと思ったことを追求する余裕が出来たそうです。

自分が本当にやりたいことを見つけるためには、過去に築き上げた価値観を一度壊すことが必要です。

ユニシティビジネスを取り組むことによって、新しい価値観に出会えるチャンスがあります。

ユニシティビジネスは、新しい自分を作るきっかけになるかもしれません。

ユニシティの副収入があれば、将来の大きな夢の実現も可能になりますね。

副業としてコツコツ続け、組織を作り、安定した収入を得られるようになれば、定年後にユニシティビジネスを本業とすることもできます。

何が起こるかわからない時代には、ユニシティビジネスの副業に人生をかけてみる価値がありますね。


【副業に最適】スキマ時間で成功できる時短ネットワークビジネスとは?

 

Source: 55歳からの副業のススメ!在宅ネットワークビジネスという選択!

相手の方から『話が聞きたい』と言わせるテクニックを教えます!