喫煙と発がん性についてー健康な日常生活をおくるために

NO IMAGE

〔必見〕50代主婦限定!マイナス15歳若く見える美肌効果公開

keshohin

あなたのご主人は健康ですか?

やっぱり健康が第一ですよね。

病気になったら働けなくなってしまいます。

まだあなたが自立出来るまでは、ご主人に健康でいてもらわないといけませんね。

今日から時々健康に関する情報を書いていきたいと思います。

第1回目は喫煙です。

 

喫煙は、人間に様々な影響を及ぼすことは知られています。

実験に基づく報告によりますと、喫煙は認識能力・情報処理能力・短期記憶を促進することが知られていて、喫煙の主たる理由として、活力増加等があげられることを裏付ける結果となっています。

しかし、一方で中毒現象や脳循環の減少等の人間に及ぼす悪影響も知られており、またさらに、長期の喫煙は様々な疾患の相対危険度を上昇させることが報告されています。

ニコチンが依存を引き起こす精神変容機能についても現在、解明が進んでいるところです。

喫煙の発がんリスクに関しての長年の疫学研究の結果を見ると、肺ガン、食道ガン、口腔ガン、中咽頭・咽頭ガン等多くのガン腫において、喫煙によるガン羅漢の相対的危険度が2以上となるなどの結果が得られていて、このような疫学的知見に基づいた積極的なタバコ対策が望まれているのです。

喫煙による発ガンの原因として、タバコ煙に含まれている様々な発ガン物質について、その発ガンメカニズムの研究が進んでおり、

これらの発ガン物質が種々のガン関連遺伝子に対して変異を起こすメカニズムが提唱されています。

また、日本に多いガン腫である大腸ガンや乳ガンについては、喫煙発ガン性の関連について依然として議論が分かれていて、今後も疫学的な知見の集積が必要なようです。

さらに最近のゲノム科学的手法を用いて得られた知見によると、喫煙による発ガン感受性の個人差について、

タバコ煙中の発ガン物質を解毒する酵素の遺伝子的多型が酵素活性に影響し、個人差を生じる一因となっている可能性が示唆されています。

喫煙による発ガン予防効果については、肺・口腔・食堂・胃等のガン腫においては、

前喫煙者の方が、現喫煙者よりも発ガンリスクが低くなる疫学的知見が得られています。

 

退職後も20万円の副収入が続けば老後も安心と思っている→クリック

240x150_d