ネットワークビジネスがアメリカで評判なわけ

NO IMAGE

誰も勧誘しないネットワークビジネスでの集客法!

ネットワークビジネス!

日本ではこの言葉を知らない方もいるかもしれません。

 

ネットワークビジネス、アメリカではマルチレベルマーケティング(MLM)

と呼ばれ、

世界で初めてネットワークビジネスを展開したのは、

アメリカカリフォルニア州を本拠地とする、ビタミン社だとか。

 

その後成長する市場の中で、悪質な会社も存在していたりして

社会問題にもなり、1973年以降は、

連邦取引委員会事務局が悪質な商法を展開している会社を摘発。

 

アメリカ市場でもネットワークビジネスは「胡散臭いビジネス」という

イメージだったようですが、

この連邦取引委員会の審議により、それ以降ネットワークビジネス(MLM)の存在が公式に認められることになったようです。

 

ネットワークビジネス(MLM)が、以前に増して発展しています。

 

またこのネットワークビジネスがアメリカで発展して全世界に広まった理由は2つあり、

 

ひとつは、

販売の形態がセールス形式から、ハイテクビジネス変化したこと。

ネットワークビジネスは口コミで広めるビジネス形態です。

昔はアメリカでも、自宅に在庫を抱えながら、ネットワークビジネスの商品を販売し、

メンバー自身が製品代金の回収をして、

MLMでの報酬は、アップ自ら自分のダウンラインへ分配する必要がありましたが、

今ではパソコン、インターネットの発達に伴い、

ネットワークビジネス全世界のダウンラインの売上もパソコン上で計算され、

全世界のアソシエイトにコミッションを支払うという

MLMビジネスは手作業からハイテクビジネスへと変化しました。

 

二つ目は、90年代初頭、アメリカでは終身雇用制度の崩壊、リストラなどの社会変化の中、

独立起業を求める人が急増したことです。

しかし企業には投資とリスクが伴い、

その中でも金銭的リスクの少ないSOHOビジネスが人気をあつめ、

アメリカネットワークビジネス(MLM)が急成長したようです

 

時代の流れは今の日本も同じではないでしょうか?

 

ネットワークビジネスとインターネットとの融合こそが、

今後の日本のビジネスとして拡大していくに違いありません!

インターネットで自動集客はこのノウハウで!