シンギュラーって詐欺?被害報告・口コミ評判、成功者続出はウソ!?真実を徹底解析!

シンギュラーって詐欺?被害報告・口コミ評判、成功者続出はウソ!?真実を徹底解析!

口コミ勧誘する友達がいない!SNSでダウンができる方法を知りたい?

 シンギュラーをやっているけど、友達が嫌がって、誰も話を聞いてくれない!

アポ入れできない!逃げていく!

勧誘どころか、このままでは友達を失ってしまう。。。

ネットで、検索すると、友達が  シンギュラーの詐欺にあっている、母親が  シンギュラーに洗脳されている、  シンギュラー詐欺・被害・苦情など悪口ばかり、、でも商品は絶対に良いし、仲間も良い人ばかりだし、、どうして、こんなに苦労するのだろう、、?

なんでこんなに冷たい目でいられないといけないのだろう。。。

あなたが  シンギュラーをやっているもしくは、友達から  シンギュラーを勧められて、これから  シンギュラーを始めようとしているとしたら、  シンギュラーが詐欺なのか、気になりますよね。

 シンギュラーは本当に詐欺なのでしょうか?  シンギュラー経験者からの聞き込みを元に徹底解析しました。

 シンギュラーはねずみ講?

 シンギュラーは法律上連鎖販売取引というものに分類され、  シンギュラーのビジネス形態は、口コミで勧誘して、商品を買ってもらい愛用者になってもらうか、自分と同じようなビジネスメンバーになり、ダウンを構築して、権利収入を得るというビジネス形態です。

一般の人にはマルチ商法とかネットワークビジネス、MLM(マルチレベルマーケティング)などの俗称で知られているものであり、ねずみ講ではありません。

では、マルチ商法とねずみ講では、一体何が違うのでしょう。。。?

マルチ商法、別名MLM(マルチレベルマーケティング)は、合法ビジネスです。商品の流通があって、入会金も安いもしくは0です。会社にもよりますが、先に始めた人が有利というわけではなく、商品を多く流通した人が儲かる仕組みであり、誰にでも平等にチャンスがあります。

一方、ねずみ講は、違法行為です。会員になっただけでも違法なので、注意が必要です。

流通する商品はなく、入会金がとても高い、または1回だけ高額商品を買わされる。先に始めた人が儲かる仕組みです。

マルチ商法は、ネットワークビジネスとも言われていますが、ねずみ講もある意味ネットワークを広げるので、これも悪徳ネットワークビジネスとか、詐欺まがいなどと言われているのかもしれません。

 シンギュラーはマルチ商法、すなわち合法なネットワークビジネスです。素晴らしい商品があって、使ってみて、それが良いと思ったから、人に伝えていきたいという気持ちがビジネスに発展していくのです。

でも、まだまだマルチ商法とネズミ講を区別できない人が多いのも現実です。

 シンギュラーは詐欺!?ディストリビューターが原因だった?

 シンギュラーは合法なビジネスです。

なのになぜ、『友達が  シンギュラーというねずみ講マルチ商法の詐欺にあってます。』などという相談をネット上に書き込みをする人がいるのでしょう。

それは、  シンギュラーが詐欺なのではなく、  シンギュラーなどのネットワークビジネスでは、詐欺的な違法行為を繰り返すディストリビューターがいることで、一般の人には  シンギュラー自体が詐欺だと思われてしまうことが多いようです。

活動している  シンギュラーなどネットワークビジネスの会員が詐欺だと思われてしまう違法行為

【ブランド勧誘】  シンギュラーの勧誘や商品の販売であることを隠して、アポを取りランチに誘ったり、パーティーがあるなどと誘っておいて、いきなり騙し討ちのように  シンギュラーの勧誘や商品の販売・説明を始める。

【薬機法】日本の製品とアメリカの製品では、商品名が同じでも入っている成分が違うのに、アメリカの製品は研究成果があるが、日本の製品もそれと同じ効果が得られる(若返るとかがんが治るとか遺伝子に作用する)と説明する薬機法法違反。

【不実の告知】他社の製品はすべて悪く、  シンギュラーの製品が世界一だと誇大広告したり、  シンギュラーなら絶対成功できる!絶対儲かる!などと説明する行為。

【強引な勧誘】一度断った人を再度勧誘する行為

 シンギュラーに限らずネットワークビジネスの違法な勧誘行為が、詐欺・悪徳・被害などといったイメージを作り上げているように思われます。

 シンギュラーの勧誘には注意が必要です。

 シンギュラーで友達をなくさない勧誘方法

 シンギュラーなどのネットワークビジネスでは、よく友達をなくすなどと言われていますがなぜでしょうか。

それは  シンギュラーなどのネットワークビジネスでは主に、口コミで勧誘することしか教えてもらっていません。

先ずアップから言われることは、

・友達100人リストアップ

・ABC勧誘

・セミナー参加

・商品説明

・クロージング

100人リストから上から順に電話してアポをとって、ランチに誘って、、

ランチしている間中、ドキドキ、どうやって勧誘していいのかわからない時、ついつい直球で勧誘してしまって、友達にドン引きされた経験はありませんか?

「私今このサプリ飲んでるの。絶対いいから使って〜!」

「この会社すごいのよ!」

とかついつい熱く語ってしまって、その友達は全くサプリに興味ないのに。。。

その友達と、疎遠になってしまって、気づいたら友達をなくしていた。

ネットワークビジネスで、ありがちな勧誘失敗例です。

 

では  シンギュラーで友達をなくさない勧誘方法とはどうしたら良いのでしょう。

それは先ずはビジネスの話は最初はしない、契約させようと考えない、と決めるのです。

最初からビジネスに誘おう、誘おうというオーラを出していると、相手も勘づきます。

段階、ステップを踏んでいきましょう。

最初にビジネスの話をしなくて何をするのか、と言いますと、まずはビジネス抜きで仲を深めてください。

深く深く。

まずは信頼関係を得ます。

話を聞きながら相手の方の生活環境、収入、家族構成、将来の夢。お金の問題などを自然に聞き出しましょう。

そしてビジネスを勧めるべきだ、と思える人にだけお伝えしてください。

全員に声掛けして、全員に一律ビジネスの話をすれば嫌がられます。

必要ない人、欲しくない人には勧めてはいけません。

たとえば、ストレートに誘うのではなくて、

「私最近副業を始めたんだけど、同じようにもう少し収入を増やしたいと副業に興味ある人がいたら紹介して」

と、他人事のように聞いて、相手の反応を探ってみる。

「それって何?」

と聞いてきたらセミナーに誘ってみる。

逆にうさん臭い顔したら「あ、ごめんね、気にしないで」とそれ以上は何も言わない。

やってみてくださいね。

まとめ

 シンギュラーはねずみ講でも、詐欺でもありません。ただ世間の悪いイメージがあるとしたら、ディストリビューターたちの度を超えた勧誘方法に原因があると考えられます。  シンギュラーなどのネットワークビジネス自体のイメージを悪くさせないためにも、商品に対する知識や、節度ある口コミ勧誘方法には注意が必要です。

声かける人がいなくなって、困っていませんか!?

ネットワークビジネスで一番の恐怖は、「声をかける人がいなくなる」ということです。

声かける友達や知人が尽きてしまったら、あなたのビジネスはおしまいです。

でももし、その人脈が尽きるどころか無限に増えて行き、

しかも相手の方から「その話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、

あなたは、興味ありますか?

100人リストアップしなくても、オンラインならダウン自動構築!(今すぐタップ)