ネットワークビジネスで得た収入の確定申告のやり方。

友達にマルチ!ネズミ!と言われない秘密の成功法とは?

 

ネットワークビジネスで得た収入の確定申告の方法

近年、ネットワークビジネスをするサラリーマンや主婦の方が大勢います。

そこで、気にしなければいけないのが税金や確定申告です。

今回はネットワークビジネスで収入を得ている方に確定申告の知識や情報を

ご紹介します。

 

まず、確定申告が必要な金額はいくらからなのでしょうか?

本業での給料所得があり、ネットワークビジネスでの所得が年間20万円以上超える人は,、

確定申告が必要になります。

それとは別に給料を2か所以上から貰っている人も対象になります。こちらは合算して収入を申告する必要があります。

ここでいう所得とは収入から経費を差し引いた金額となります。

例を挙げると《収入23万円−経費(収入を得る為に掛かったお金)4万円=所得19万円》となる為、所得が20万円を超えていないので申告の必要はありません。

本業で給料所得を得ている方は会社で年末調整をしますが、それ以外のネットワークビジネスでの所得が20万円を超える場合、確定申告の必要があります。

確定申告の経費とは?

経費とは、収入を得る上で掛かった金額(必要となったお金)の事を言います。

ネットワークビジネスの場合、打ち合わせ費用や交通費も経費として計上出来ます。

 

インターネットなどブログを使う在宅ワーク系の経費はどういったものがあるでしょうか?

まず、ブログの広告収入で得る所得を雑所得と言います。

ブログをする上でサーバーやドメインがないと記事が書けないので、レンタルサーバー代やドメインの取得代は必要経費となります。

その他ブログを書く為に出掛けた交通費なども含められる場合があります。

 

その他の申告?

ネットワークビジネスでの収入が20万円以下で確定申告の必要がなくても、住民税の申告はしなければいけないので注意が必要です。

ここまで確認して、ネットワークビジネスで得た収入での確定申告の必要がある方は、

書類の準備をして税務署へ行きましょう。

 

まとめ

確定申告といっても、所得の種類や金額によって申請するかしないかが変わってきます。

ネットワークビジネスの収入が20万円を超える場合、必ず確定申告をしましょう。

そして、確定申告の申告漏れがあると、脱税にもなりかねないので注意して下さい。

申告方法をしっかり確認することが大切です。

勧誘する友達がいなくても大丈夫!インターネットで集客する秘密のノウハウ