ネズミ講?マルチ商法?勧誘方法の違いを検証する

 

私は、この方法で、インターネットだけでダウンを獲得しています。

友達にこのサプリメントいいから、よかったらどう?

ってせっかく教えてあげたら、

ネズミ講?って言われた。

よく聞く話です。

 

世間では一緒にされがちなネズミ講とマルチ商法。

 

勧誘方法の違いなどから、それぞれの特長を検証します。

 

ネズミ講とマルチ商法って違うの!?

マルチ商法=悪徳商法=商品価値のないものを高額で売っている

という認識をしている人は多いようです。

しかし今ではその認識は間違いです。

マルチ商法の中には、数千円の化粧品や健康食品など、日用品の販売が主流のものもあるのです。

マルチ商法に誘われた人の立場で考えれば、

たかが数千円の商品をたとえ押し売りされたとしても、訴えてやろうとまでは、

思わないでしょうし、よほど悪質なものでなければ、

不満ももたずに購入し続けることもあるでしょう。

最近のマルチ商法の商品はだいたいまともなものが多く、

価格ともに、良識な商品となっています。

また最近のマルチ商法では、やたらに人を勧誘しません。

 

社会一般には、マルチ商法とネズミ講とを同一視する考え方が、

まだ多いようですが、法律で禁止されていて必ず破綻するネズミ講は、

マルチ商法とは違うものです。

マルチ商法は新規勧誘だけ

マルチ商法では新規勧誘を行い、商品を売るだけですが、

販売員は会員の中から、この人はという人を選び出し販売員にならないかと話を持ち掛け、会員も自分が愛用してきて販売員のビジネスを始めてしまうことが多いのです。

マルチ商法の勧誘文句は、

ネズミ講は商品がなくお金を下から吸い上げるだけだが、

このビジネスは、商品を売るから全然違うということです。

どんなマルチ商法でも、形態上は下の会員は、自分のお金で商品を仕入れ、上の会員から商品を買わされるということは、不変と言えます。

そしてこの販売員には、決まった給料が支払われることはありません。

実際には、上層部は末端の会員からお金を吸い上げているという仕組みなのです。

どうしてもネズミ講とマルチ商法は同じように思われがちですが、

実際には異なります。

マルチ商法は、商品などを販売するための組織が増えていくのに対し、

金銭配当組織でしかないのがネズミ講です。

つまり、ネズミ講では会員同士が金品を送りあうだけで、

商品の販売は行いません。

ネズミ講への勧誘方法

ネズミ講は、

「無限連鎖講の防止に関する法律」で、禁止されています。

品販売組織であるかのように見せかけて、消費者にアプローチしてくる悪質な業者もいるので、要注意です。

マルチ商法に勧誘されたら

マルチ商法に勧誘されたら、なによりもビジネスの中身、

具体的な内容をよく理解し、

取り扱う商品の情報、価格設定、販売活動、

どれくらいの収入が見込めるのかをまた、統括している会社も

明確に把握しておく必要があります。

こういった事柄は文書や資料、書面で求めることが良いでしょう。

 

「誰でももうかる」

「簡単にもうかる」

「何しなくてももうかる」

などといった今どき通用しないと思われる誘い文句にうまくのせてくる悪質な業者もいることは忘れてはいけないのです。

こういった悪質な業者がいることによって、

マルチ商法の悪いイメージがついてまわり、

せっかく友達に自分の愛用する製品を勧めても、

ネズミ?

っと言われてしまう、今の時代。

インターネットだけでダウンが出来れば、問題ない!

ネットワークビジネスってそう考えればあまり難しくありません。

でもこれってどう?

佐々木さんのおすすめ勧誘しないネットでMLMとは?