アムウェイビジネスの仕組みに再び大注目!

アムウェイビジネスの仕組みに再び大注目!

【告白】友達を1人も勧誘することなく、成功できるMLMとは?

アムウェイビジネスが、最近また流行してきているのをご存じですか?

昔は、ねずみ講やマルチ商法というネガティブな言い方をされていましたが
最近は、アムウェイビジネスの効率的な流通の仕組みを取り入れている
普通の企業が増えてきました。

もしかしたら、自分でも気がつかないうちにアムウェイの会社の化粧品なども購入しているかもしれません。

アムウェイビジネスの仕組みは理想のマーケティング手法

アムウェイビジネスのメリットは、宣伝費のコストをかけずに商品をセールスすることができる仕組みにあります。

宣伝は、アムウェイの会社の会員であるディストリビュータが行うため会社側は、営業社員を雇う必要がありません。

アムウェイの会社は、広告宣伝費や人件費の費用を全て研究開発費に当てることができ、品質の高い商品を開発することができます。

会社側は、売り上げからディストリビューターに報酬を払えば良いだけなので
リスクもありません。

そして、アムウェイの会社は、ディストリビューターが自分で商品を購入することをビジネス参加の条件としているので、ディストリビューターは、「売る側」と「買う側」の両方を兼用することになります。

アムウェイビジネスでは、ディストリビュータたちが協力して、売り上げを増やしその努力した分だけ報酬がもらえる仕組みなので、会社側と会員であるディストリビューターは、Win-Winの関係でセールス活動が行える、画期的なマーケティング手法なのです。

アムウェイビジネスの仕組みの魅力とは?

アムウェイビジネスには、効率的な流通の仕組みの他に魅力的な仕事としてのメリットがたくさんあります。

初期投資が数千円しかかからない

通常のビジネスやフランチャイズの収入システムでビジネスを立ち上げようとする場合、最低でも500万円ぐらいの資金がかかります。

アムウェイビジネスなら、初期投資は、数千円。

ビジネスを始めたいけど資金がない人には最適なビジネスの仕組みです。

副業として在宅でできる

コンビニ経営などのフランチャイズビジネスを始めようとすると会社をやめなければいけませんが、アムウェイビジネスなら本業を辞めずに自分のペースで仕事ができます。

副業ビジネスとして最適です。

権利的収入なので、収入に上限がない

普通のビジネスでは、自分が売った分の収入しか入りません。

アムウェイビジネスなら、自分が商品を売った人がさらに、消費者を紹介するとその人の消費額からも収入を得ることができる仕組みです。

ですから、流通システムができれば、そこから永遠に収入を得ることができます。

 資格や専門的な知識を必要としない

通常のビジネスを立ち上げる際は、専門的な知識や資格が必要になりますが、アムウェイビジネスは、専門的な知識は必要ありません。

そして、わからないことがあれば、自分のグループの人に聞けば教えてくれるので、個人事業主でありながら同じ目的を持つ仲間もできる仕事です。

時間的自由が手に入る

世間一般にお金持ちと言われるほど、自分の時間がない人が多いです。

自分の労働によって高い収入を得ている人たちは、お金はあるけど自分の時間がない人がほとんど。

アムウェイビジネスは、商品の流通ネットワークを作れれば、自分が何をしていようと収入が得られる仕組みです。

アムウェイビジネスが再び流行の理由とは?

アムウェイビジネスが再び流行している原因としては、一つの収入だけでは不安を感じ副業を探す人が増えたことが大きな理由のようです。

また、昔は、自分の人脈だけに頼ってアムウェイを広げていく方法しかありませんでしたが、インターネットやSNSの普及により自分の人脈だけに頼ることなく人脈を広げることができる時代になりました。

今までのアムウェイビジネスでは、自分の身近な人に口こみで広げていく方法しかなかったので、人脈のある人しか成功できないビジネスでした。

現代は、インターネットやSNSを使えば、自分の人脈に頼らずに、ビジネスに興味がある人にアプローチしてセールスを行うことができます。

正しいマーケティング手法に則して、ビジネスの勧誘を行えば、相手の方から「話を聞いてみみたい!」とやってきます。

自分から、ビジネスに興味のない人を勧誘するのではなく、最初からビジネスを取り組みたい人とチームを組んで展開すれば、無駄な勧誘を繰り返さずにすみます。

最初からやる気のある人たちとビジネスを行えば、最強のビジネスパートナーとなり、アムウェイビジネスのデメリットであった、ビジネスに興味のない人を勧誘する必要がなくなるわけです。

今までのデメリットを取り除いたアムウェイビジネスなら、今後も参加者が増えることが予想されますね。

Source: 55歳からの副業のススメ!在宅ネットワークビジネスという選択!