【働き方改革】ニナファームの副業で本業も安心!

政府は、「働き方改革」の一環として、副業・兼業を推進しています。

今後、政府の「働き方改革」によって、副業が当たり前の時代になってきます。

言うまでもなく会社員のお給料は右肩上がりでなくなり、今後はさらに増税と年金の削減がますます負担になってきます。

その負担が、所得以上に早いベースで進んでいくために実質所得がすでに減少に転じています。

さらに40代の子育て世帯や50代になると子供の大学費用などもかかってくる上に親の介護なども重なってきます。

そして、AI(人口知能)の浸透により、10年後には702業種が消えると言われています。

メガバンクをはじめ、古い産業の大企業でも数千人のリストラ発表がありました。

自分が働く40年間よりも企業の寿命の方が短くなってしまっているので、今後は生涯に複数の仕事を持つことが普通になると言われています。

複数の仕事を持つメリットは、本業にも安心して取り組めることです。

【副業のチャンス】ネットワークビジネスで働き方改革!

ニナファームビジネスが副業でもできる理由とは?

政府が、「働き方改革」の一環として、副業・兼業を推進していることを受けて、最近は多くの企業が就業規則を改定しています。

最近は、本業を続けながら、ニナファームビジネスを副業として始める方が増えてきました。

ニナファームビジネスが副業でもできる理由は、ネットワークビジネスには以下の条件が揃っているからです。

  • 初期投資が不要
  • 自宅でもできる
  • スキマ時間でできる
  • 土日の活動だけでもok
  • 自分のペースで、自分が求める収入をめざすことができる

陶芸家の山田さんという方は、ニナファームのビジネスに挑戦し、本気で取り組んだことで本業とは別の安定した副収入を得ることができています。

陶芸家の山田さんは、手首を骨折して陶芸ができなくなった時に、収入を得られなくなる危機感を抱き、副業の大切さを実感したそうです。

副業のニナファームビジネスからの収入があることによって、安心して本業の陶芸に集中できるようになったと雑誌のインタビューでも語っています。

山田さんは、ニナファームと出会うまでは、ネットワークビジネスが大嫌いでした。

最初は、ニナファームビジネスをする気はなかったのですが、愛用者のセミナーに参加するうちに「今までのネットワークビジネスとは違うかもしれない」と成功の可能性を感じたそうです。

セミナーで出会った経営者の方の話しを聞くうちに、ニナファームのネットワークビジネスには副業としての可能性があるとの思いは確信に代わり、ビジネスをスタートしました。

陶芸家の山田さんは、すぐに50人の愛用者グループ作ることができましたが、ビジネスパートナーを作ることがなかなかできませんでした。

山田さんは、ニナファームビジネスに真剣に一緒に取り組んでくれる仲間を探すために、徹底的にネットワークビジネスの手法を学びました。

ビジネスに真剣に取り組んでくれる人を増やすには、自分がスピーカーになって全て説明できることが必要なんだと学び、まずはセミナーの司会から始めたそうです。

山田さんが、主体的になってリーダーシップをとり始めると、山田さんのグループの中に本気でビジネスに取り組む人が現れ、ビジネスパートナーが増えていきました。

そして、ニナファームビジネスで培ったコミュニケーションスキルは、本業での職人育成にも活かすことができているそうです。

ニナファームビジネスで副業するメリットとは?

ニナファームビジネスは、自由に時間や場所を選択できる副業として取り組みやすい仕事です。

平日は会社員として働き、副業としてニナファームビジネスに取り組んでいる方はたくさんいて、忙しいながらもたくさんのメリットを感じている人が多いようです。

副業としてニナファームビジネスに取り組み、忙しい本業の合間を縫って人と会うためには、自分を管理するスキルが求められます。

副業としてニナファームビジネスを行うことの一番のメリットは、「ビジネス活動での人とのつながりの中で自己成長できること」にあると思います。

まとめ

ニナファームビジネスは、本業を辞めずに、副業として収入を得たい方には最適な仕事です。

陶芸家の山田さんは、自分の作りたいものだけ作る「わがままな陶芸家になりたい」という夢があります。

ニナファームビジネスの副収入があることによって、その夢の実現も可能になりますね。

副業としてコツコツ続け、組織を作り、安定した収入を得られるようになれば、定年後にニナファームビジネスを本業とすることもできます。

何が起こるかわからない時代には、ニナファームビジネスの副業に人生をかけてみる価値がありそうですね。


【副業に最適】スキマ時間で成功できる時短ネットワークビジネスとは?

Source: 55歳からの副業のススメ!在宅ネットワークビジネスという選択!