【働き方改革】サンクスアイの副業で結果を出すには?

政府は、「働き方改革」の一環として、副業・兼業を推進しています。

今後、政府の「働き方改革」によって、副業が当たり前の時代になってきます。

言うまでもなく会社員のお給料は右肩上がりでなくなり、今後はさらに増税と年金の削減がますます負担になってきます。

その負担が、所得以上に早いベースで進んでいくために実質所得がすでに減少に転じています。

さらに40代の子育て世帯や50代になると子供の大学費用などもかかってくる上に親の介護なども重なってきます。

そして、AI(人口知能)の浸透により、10年後には702業種が消えると言われています。

メガバンクをはじめ、古い産業の大企業でも数千人のリストラ発表がありました。

自分が働く40年間よりも企業の寿命の方が短くなってしまっているので、今後は生涯に複数の仕事を持つことが普通になると言われています。

複数の仕事を持つメリットは、本業にも安心して取り組めることです。

【副業のチャンス】ネットワークビジネスで働き方改革!

サンクスアイビジネスが副業でもできる理由とは?

政府が、「働き方改革」の一環として、副業・兼業を推進していることを受けて、最近は多くの企業が就業規則を改定しています。

最近は、本業を続けながら、サンクスアイビジネスを副業として始める方が増えてきました。

サンクスアイビジネスが副業でもできる理由は、ネットワークビジネスには以下の条件が揃っているからです。

  • 初期投資が不要
  • 自宅でもできる
  • スキマ時間でできる
  • 土日の活動だけでもok
  • 自分のペースで、自分が求める収入をめざすことができる

和菓子屋・居酒屋の経営者でもある市橋さんという女性は、サンクスアイビジネスの副業に取り組み成功を納めています。

市橋さんの副業の成功の秘訣は、「時間管理」と「サンクスアイの理念」への共感です。

お店を経営している市橋さんは、朝8時からランチタイムまでお店で働き、その後、居酒屋が開店する夕方6時ごろまでをサンクスアイの活動に当てています。

サンクスアイの市橋さんは、自由に使える時間が少ないので、いかに工夫して時間を有効に活用するかを常に考えているそうです。

そして、全てを一人で行わず、本業が忙しい時はグループの皆さんに助けてもらうことによってサンクスアイを広めています。

本業が多忙な市橋さんが、なぜ寝る間も惜しんでサンクスアイを伝えていきたいと思うのか?

その理由は、やはりサンクスアイの会社の理念への共感です。

サンクスアイの「無農薬・無化学肥料栽培を行う農家が潤う仕組み作りを広める」という会社の理念に共感した市橋さんは、セミナーで様々な人に会社の理念に共感した自分の思いを一生懸命伝えているそうです。

市橋さんの将来の夢は、料理教室が開催できるレストランを開業して安全な食を普及させることだそうです。

「地元の安全な食を普及させることによって、地域への貢献もしていきたい」とサンクスアイの市橋さんは、雑誌のインタビューで語っています。

サンクスアイビジネスで副業するメリットとは?

サンクスアイビジネスは、自由に時間や場所を選択できる副業として取り組みやすい仕事です。

平日は自営業や会社員として働き、副業としてサンクスアイビジネスに取り組んでいる方はたくさんいて、忙しいながらもたくさんのメリットを感じている人が多いようです。

副業としてサンクスアイビジネスに取り組み、忙しい本業の合間を縫って人と会うためには、自分を管理するスキルが求められます。

副業としてサンクスアイビジネスを行うことの一番のメリットは、「ビジネス活動での人とのつながりの中で自己成長できること」にあると思います。

まとめ

サンクスアイビジネスは、本業を辞めずに、副業として収入を得たい方には最適な仕事です。

サンクスアイの市橋さんは、サンクスアイの理念を伝えることによって「地元に安全な食を

普及させたい」という夢があります。

サンクスアイビジネスの副収入があることによって、その夢の実現も可能になりますね。

サンクスアイの市橋さんは、どちらも本業という覚悟で取り組んだため副業でも結果を出せたのだと思います。

副業としてコツコツ続け、組織を作り、安定した収入を得られるようになれば、定年後にサンクスアイビジネスを本業とすることもできます。

何が起こるかわからない時代には、サンクスアイビジネスの副業に人生をかけてみる価値がありそうですね。


【副業に最適】スキマ時間で成功できる時短ネットワークビジネスとは?

Source: 55歳からの副業のススメ!在宅ネットワークビジネスという選択!