ライフバンテージジャパンfasebookでログイン!気になる最新情報

【警告】もう遅い!?55歳からの権利収入!

私のお友達からライフバンテージの勧誘を受けた話を聞いて、

とにかくライフバンテージはアメリカの会社で、

製品がいいらしいって、

それだけを聞いてもアメリカの会社で製品がいいのって、

他にもいっぱいあるしちょっとよくわからないーって思って、

色々と調べてみてみると、

ライフバンテージって、ネットで結構色々な事を書かれていますね。

ライフバンテージのビジネスを始めるには

ライフバンテージのホームページにログインして、

そしてライフバンテージの製品を購入したりできるわけですね。

 

facebookにもログインして、ライフバンテージのホームページを検索してみたら、

ライフバンテージ被害者の会があるのにビックリ!

 

そこではライフバンテージの現状だったり、

2005年、マッコード博士現ライフバンテージCEOに宛てた手紙の中で、博士自身、プロタンディムの開発者と呼べるほどの貢献はしていない、出来ることならばこれからの研究メンバーに加えてもらえないだろうかと嘆願したらしいですが、

日本のライフバンテージの会員が、オープン前に会員が購入したバンテージパック同梱資料には、その様に記載していたために、

プロタンディムはマッコード博士が40年の研究の末に開発したと、間違えた認識をさせられているといった、

被害者の声だったり、

 

ライフバンテージディストリビューターの勧誘の際、

不実の告知をした事実により、特商法、薬事法違反容疑で書類送検されたことなど、

投稿されています。

 

 

ライフバンテージはネットワークビジネスの会社なので、

やはり勧誘の際、注意が必要ですよね。

 

勧誘しないで寝ている間にダウンが出来る仕組み