ネットワークビジネスで権利収入!副業として始める20代が多い日本の現状。

社畜人生におさらば、ネットワークビジネスで成功する方法

20代の会社員が、副業としてアフィリエイトやせどり、

ユーチューバーなどといった言葉も多く耳にしますが、

正直にいって、

そんなに簡単なものではないようです。

そしていずれも労働収入なんですね。

労働収入と権利収入の違いにつてはここでこまかく書くことは控えますが、

権利収入とは、不動産の家賃収入や作家などの印税などは権利収入に入りますが、

いわゆる働かなくても入ってくるお金です。

50代くらいになると、近い将来、年金で生計を立てる、、、

将来のシミュレーションをした時、

時すでに遅し!

年金だけではとてもやっていけません。

少なくとも、現役のときと同じに生活レベルを下げずに、

夏と冬に海外旅行などどいったことは難しいですね。

しかし最近では、20代が「権利収入」を得る!

ということについて、

とても理解を示していて、実際に権利収入が得られるように行動しています。

そんな20代が、低予算、ほとんどノーリスクで始められる

ネットワークビジネスしかない!

と副業で取り組むネットワークビジネスを絶賛しているんです。

ネットワークビジネスはパートの収入とは異なり、

働いて良く月に収入が得られるビジネスではありません。

1年後、3年後、5年後、10年後に、

大きな不労所得となって入ってくる権利収入です!

なので当然ですが、副業として始める方がほとんどです。

私の同チームビジネスメンバーに、

20代で副業としてネットワークビジネスを始めて、

会社を辞めて、ネットワークビジネスで成功して、

副業から本業になっている方がいます。

あなたはネットワークビジネスを副業として始める場合、

成功するまでやめない!

と決断しなければなりません。

20代の方が権利収入を得ようと思う動機は、

すでに自分が病気で働けなくなった経験があって、

その時に収入がなくなり困った。

権利収入があったらと、、権利収入のことをとても理解している20代が多いのです。

そして権利収入を得るために、自分で何が出来るか?

何の資格がなくても、ノーリスクでできるのがネットワークビジネスであることも

最近の20代はわかっています。

おそらく20代の親世代は、ネットワークビジネスで権利収入!

という言葉に、胡散臭い!あり得ない!ねずみ講だ!

などと発言していた30年前から、

日本の社会も変わりました。

20代の若い世代が副業としてネットワークビジネスを始めて、

権利収入を目指す時代です。

まだ親世代の50代であっても、

もっと子供世代の声を尊重し、

副業から権利収入を得るための手段に、ネットワークビジネスを

もっと素直に取り入れるべきなのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする