ネットワークビジネスのサプリメントって本当のところどうなの?

【朗報】年金にプラスして不労所得を得る方法!

 

日本はアメリカから20年遅れている「サプリ後進国」と言われていますが、

阿部首相は「健康食品の機能性表示を解禁する」と発言して、

健康食品やサプリの表示規制緩和を閣議決定しました。

医療費が増え続け、病院で処方される薬だけでなく、

サプリメントなどを使った「セルフメディケーション」を推進しようというものです。

 

つまり薬をもらって医療費に負担をかけず、

健康補助食品、サプリメントを使って、健康をいじしてもらうということです。

 

日本がこういった考えをもつようになるのに、

20年かかったということですね。

 

しかし健康でいるためにサプリメントをとるのであれば、

サプリメントの品質が最も重要ですよね。

 

添加物だらけのサプリメントなら、飲まない方がましです。

 

サプリメントといえば、コンビニで比較的低価格で手に入るものから、

ネットワークビジネスの各社が商材として、扱われているものまで、様々ですね。

 

ネットワークビジネスというと、悪いイメージを持たれがちですが、

 

実はサプリメントの販売ルートとして、

通信販売についで、第2位。

全体の30%をしめ、

ドラッグストアよりも売れているそうです。

 

ネットワークビジネスの扱うサプリメントが何でもよいかというと

そうでもなかったりするみたいですね。

 

ネットワークビジネスって、品質はいいけど、高い!

なんて言われ方をしますが、

 

品質だって、成分表をよくみないとわからないですよ。

 

それにネットワークビジネスの扱うサプリメントは、

日本に支社のある会社だと

日本の薬事法にあわせて作りかえているとか!?

 

同じサプリメントを飲むのなら、

 

天然100%、増粘剤を使っていない、鮮度、製法にこだわった、

医療レベルのサプリメントを選んでください!

この方法まだ知らない!?